Perlの最近のブログ記事

Deluxe Light Board Ver 1.31 リリース

サッカーの試合の関係で、炎天下の中に2日間たちっぱなしでヘロヘロな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。


さて、最新版のLight Boardとのマージは徐々にですが行っています。
とりあえず、切って貼って→動作確認と続けているのでいつになるやら。
Light Board最新版では色々と機能が追加されていますし、D-Lightのスクリプトをきれいにすると意味も込めて早々にバージョンアップしたいところです。


と言うことで、Ver.1.31リリースです。
今回の修正内容は掲示板で報告のあった箇所です。
ダメ文字の存在は知っていましたが、まさか掲示板でもその影響があるとは。


Version.1.31 based on Light Board v6.41
修正点
・禁止ワード拒否、指定ハンドル拒否にダメ文字が使われていると認識しなかった問題を修正


ダウンロード:dlight131.zip

ちなみに、D-LIGHTの最新版ダウンロードはCGI配布ページからも可能です。

Deluxe Light Board Ver 1.30 リリース

超久しぶりなリリースですが。
1.30にするにあたって、最新版の Light Boardとマージしようかと思ったのですが、Light Board内部自体がいつのまにやら別物に・・・
と言うことで、新バージョンは2.00としてリリースしたいのですが・・・いつになるやら。
夏休みに一気に片付けても良さそうかも。

サポ板の方でちょっとした問題をいただいたので早急に修正。
一応テストしてますが、不具合あったら連絡くださいませ。
トリップ関連ですが、現状では◆が使えないですが、次バージョンでは◆を◇に変更して表示とかにした方がよいかも・・・


と言うことで、Ver.1.30リリースです。

Version.1.30 based on Light Board v6.41
変更点
・記事編集時にもトリップチェック、トリップ処理、指定ハンドル拒否、禁止ワード拒否を適応するように変更
修正点
・バージョン情報が間違っていたのを修正


ダウンロード:dlight130.zip

ちなみに、D-LIGHTの最新版ダウンロードはCGI配布ページからも可能です。

Deluxe Light Board Ver 1.29a リリース

| コメント(2)

いわゆるバグつぶしバージョン。
引用符が付く行の色が変らなかったモノを修正。
どうも、タグ有効化処理の副作用らしい。
って・・・今まで放置状態でしたヽ(´Д`;)ノ


ダウンロード:dlight129a.lzh

ちなみに、D-LIGHTの最新版ダウンロードはCGI配布ページからも可能です。

Deluxe Light Board Ver 1.29 リリース

いわゆるバグつぶしバージョン。
荒らし対策機構のHTMLタグの入力制限が正常に機能していなくなっていたのを修正。
荒らしログ関連も挙動がおかしいような気がするので、テストを重ねていきたいかも。
問合せのあった携帯電話対応機能ですが、前向きに検討で・・・

ダウンロード:dlight129.zip

ちなみに、D-LIGHTの最新版ダウンロードはCGI配布ページからも可能です。

Deluxe Light Board Ver 1.28 リリース

Kent-Web さんの新着情報メールを購読しているのですが、更新履歴以外で更新があったみたい。
偶然気がついたので、最新版にマージしてみた。
中核部分の変更点は無く、細かいバグ修正メインだった。

いい加減、Deluxe Light Board も携帯端末対応版の完成版を出したいところなんだよなぁ。
しかし、vodafone とか au の HTML 対応状況が良く分からん。
DoCoMo なら分かるんだが・・・
一昔前まで au は HDML とか良く分からん状況だったけど、今じゃ HTML で OK ですし。
ここは奮起して一発決めてみようかなぁ・・・


ちなみに、D-LIGHTの最新版ダウンロードはCGI配布ページから。

むー

同じエラーが出てしまいますか・・・( ; ´Д`)


もう一度読み直してみると、

Undefined subroutine &Jcode::euc_utf8 called at /home/httpd/copycat/public_html/****/extlib/Jcode.pm line 500.

前回は飛ばして読んでたので気がつかなかった(マテ

EUC から UTF-8 への文字コード変換のモジュールが見つからないと出るみたいですね。
Jcode.pm でエラーが出てるので、Jcode.pm の500行付近を確認する〜

sub utf8{ load_module("Jcode::Unicode"); euc_utf8(${$_[0]->[0]}); }

と言うサブルーチンのところか。
エラー内容通りのサブルーチン。

Jcode オープンラボ曰く、
Jcode.pm のドキュメントやらを読んでると、以前のバージョンでは extlib/CGI/Jcode/ ディレクトリに Unicode.pm と言うモジュールがあったそうですが、
v0.88では extlib/CGI/Jcode/Unicode/ ディレクトリにある NoXS.pm に統合されてるそうな。
v0.88 (Movable Typeに同梱されているバージョンの v0.87でも)では、まず Unicode.pm をロードしに行き、無ければ /Unicode/NoXS.pm をロードしに行くとのこと。

何らかの要因で、ロードしに行ってないのかな?

$NOXS = 1;

と書き換えることでエラーが出なくなるみたいなので、やっぱりパスがうまく通ってないのが問題だと思うんですよね。
んで、パスが云々は Carp.pm が古いせいではないのかというのが一応の解決策。
でも、それでも無理とは・・・あれー( ; ´Д`)


他の面から推測。
まず、疑ったのが サーバ側。
サーバ仕様を確認すると、pc1.jp では

perl5.0:/usr/bin/perl
perl5.8:/usr/local/bin/perl

となっている。
MT のデフォルトパス設定は

#!/usr/bin/perl

なので、そのままアップロードをしているとすれば、Perl 5.8 では無く Perl 5.0 が使用されているはず。
もしかしたら、*.cgi の1行目のパス設定を変えると正常に動く可能性が?
#*.cgiファイルすべてに同じ記述があるので、結構大変な作業かもしれませんが・・・
でも、MT は一応 Perl 5.0 以降での動作を謳ってるんですよねー
なんでだろ・・・( ; ´Д`)
#Perl5.0 では動かなくなっている スクリプトもありますので、極力 5.6 以上を使った方がよさそうかもです。
#その逆もありえるのですが。


ちなみに、XREA では、サポート掲示板(2002年の情報)曰く Perl 5.6 (SSH でのバージョン確認が出来なかったので Perl 5.8 かもしれませんが)が入っているそうです。
それが原因か分かりませんが、ウチでは特に問題なく動いてたりします。

根本的解決になるかな

| トラックバック(1)

CopyCat 氏が困っている模様なので・・・
取り急ぎ解決法をば。

結城氏のサイトによると、CGI::Carp が古いことが起因しているみたいですね。
/extlib/CGI/
ディレクトリにある、carp.pm の 292行目

sub ineval { $^S }

と言うサブルーチンが最新版の carp.pm では修正されてます。
http://www.cpan.org/ で配布されている最新版の CGI.pm-3.09.tar.gz では以下のとおりになってます。

sub ineval {
(exists $ENV{MOD_PERL} ? 0 : $^S) || _longmess() =~ /eval [¥{¥']/m
}

ざっと見ただけなので、何とも言えませんが。
結城氏のサイトの 2004年4月17日のエントリどおりに修正するだけで OK っぽいです。
一応ライブラリなので、置き換えてもいいんでしょうけど(^^;;

もちろん、jcode.pm は元に戻してください。

Powered by Movable Type 4.22-ja

インフォメーション