internetの最近のブログ記事

マイクロソフト、深刻度“緊急”を含む9件の修正プログラムを公開:INTERNET Watch

なんて言うか、毎月の恒例行事だなぁ・・・('A`)
更新されないよりはましかもしれませんが。

サクッとデスクトップとノートを更新して終了。

スラッシュドット ジャパン | DOS時代のファイラー“FD”作者、出射厚氏逝去の報

うそーん・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

PC98 で DOS を扱ってた頃には愛用していたファイラでした。
機能に頼りすぎて、DOSコマンドを一時使わなかった記憶が・・・ヽ(´Д`;)ノ


ご冥福をお祈りします。

MS、IE 7のロゴを発表

ITmediaニュース:MS、IE 7のロゴを発表

こりゃまた、縮小表示しずらそうなカラーリングだ・・・
最近の MS はデザイン志向が高まってきたなぁ。

Windows Vistaの名称めぐり商標権問題が浮上

ITmediaニュース:Windows Vistaの名称めぐり商標権問題が浮上

あー
やっぱり、そう言う問題が浮上するわけね。

この際、Windows 6.0 でいいよ・・・('A`)
つーか、何でWindows XP って Windows 5.1 なんだろ?
Windows 2000 が、5.0 だったけど、たった 0.1 上がっただけなのに見た目からなにやら変わりすぎのような。

マイクロソフト、緊急レベルを含む10件のセキュリティアップデート:Enterprise Watch

と言うわけでアップデート作業・・・
めんどくせ・・・

パソコンを起動したままで1カ月の電気代は? / デジタルARENA

ちと興味のある記事があったのだが、記事自体は古いものなので現在の環境とは違うような気もしますが。
昔、手計算で CPU を平均50%で使用した場合のうちのPCの電気代が¥1,500 程度。
これが安いか高いかは別として、これは PC 本体だけの電気代で、CRT はさらに上乗せ ¥1,500 程度。
デスクトップを常時画面つけっぱなしで起動すると¥3,000 かかる計算になるんですよね。
言えることは、ディスプレイはこまめに消すってことなんです。

しかしながら、本体の方はそうは行かないんですね。
PCを電源投入すると、PC自体を(環境によるが)3時間程度起動し続けた場合の電気代と同じとか。
蛍光灯と同じで瞬時消費電力が高いんですよ。

なので、ACPI で言う S3 のスタンバイ状態で放置するのが一番だそうです。
休止状態にすると、休止状態復帰時には電源投入時と同じ動作をするので、消費電力的にはあまり変わらない。

PCで録画するようなことがある場合は、サスペンドモードでの利用をした方がよさそうですね。
特に、外部からの予約録画に対応していて、「1時間に1度復帰→サーバ接続→情報取得→サスペンド」と言うような使い方の場合は。
復帰も高速ですし。

実際ウチでは PC を HDD レコーダ代わりにしているのですが、なぜかスタンバイにすると落ちるんですよ。
正常にスタンバイモードへは移行しているのですが、なぜかメモリへの給電がされていない模様。
M/B と 電源の相性か何か分からないんですが。
うーむ・・・(;´Д`)

Netscape 8をインストールするとIEのXML機能に異常:INTERNET Watch

ああ、何か調子が悪いなと思ったら Netscape が原因でしたか。
いいや、どうせレンダリングエンジンは Fire Fox だし。
Opera 、 Fire Fox 、 Internet Explorer の3本立てでいってみますよ。


と言うわけで、アンインストール後に、指定のレジストリ値を削除した。
これで、大丈夫だろう。

修正方法

IEBlogによると、問題を解決するにはNetscape 8をアンインストールした後、レジストリエディタを起動して「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Internet Explorer¥Plugins¥Extension」の項目にある「xml」と記されたノードを削除しなければならないという。

「過失はない」としながらも不正アクセスの詳細の言及は避ける〜カカクコム:INTERNET Watch

何か釈然としないなぁ・・・
不正アクセスを受けていたことが分かっていながら、長時間にわたってサイトを放置していた点は過失じゃないの?
発覚から閉鎖までのインターバルが空いてしまったために、結果として被害が広がってしまったわけですから。
その対処しながらもサイトを運営し続けていた期間にもウィルスを不特定多数に感染させてしまったと言う恐れがあるんじゃないの?
それが過失じゃないって、どういうことなんだろうか?

今回の件が発覚してまず思ったことが、
「発覚から決断するまでの期間が長すぎる。」
でしたね。

しかしながら、不正アクセスの内容そのものに言及していないので、不明な点が多すぎる。
不正アクセスを受けた際にどんな対策を講じていたのか、どんな不正アクセスを受けたのか、
現在のサーバに対して、どのような対処を行ったのか・・・などなど。
捜査のためとの回答をしているのだが、事件が解決してから内容に関しては公表するのだろうか?
#この分だと、しらをきる様な形で収束しそうな感じですけどね。

個人情報保護法が施行されましたが、メールアドレスって言うのは個人情報じゃないのでしょうか?
メールアドレス流出に関する補償をするしないは抜きにしても、その情報を守るのが企業でしょうが。
「自分たちだけが被害者なんだ」と言うような感じを受けるのですが。
経営側は、一番の被害者が利用者ってことを忘れてますね。
第三者からの悪意のある攻撃だとしても、その情報を守るべき責務を負っているはずなのでは?

企業として、悪い方の手本にならないことを望みます。
結構利用していたサイトだけに、今回の対応は非常に遺憾ですね。
メールアドレスこそは登録していませんでしたが、こんな考えの甘い企業に登録していたのかと思うとゾッとしますよ。

価格.com 不正アクセスの件

価格.com際とトップで色々と対応策が記述されてますね。
各社のアンチウィルスソフトで対応されているみたいで何よりです。


しかしながら、今回の件で 価格.com の信用は・・・?
静岡新聞社の新卒のかんづめ や WindowsCE FAN でも同様の手口でクラックされていたみたいですし。
もしかしたら、他のサイトでも・・・と言うことはありますね。

価格.com が不正アクセスを受ける

価格.com が不正アクセスの影響でサイトを閉じている。
現在、サイトには敬意としてこんなことが書かれている。

5月11日にプログラムの異常が発覚。調査したところ不正アクセスが原因であり、一種の サイバーテロ的な行為であると認識しました。
即時警察当局等とも相談し、24時間監視体制でサイト運営を続けながらプログラム改ざんの 影響や対抗策、犯人の調査を続けて参りましたが不正アクセスは止まず、改ざんの範囲が拡大 したため止む無く5月14日よりサイトを閉鎖しております。

・・・って言うか、11日発覚以降、14日まで丸4日に亘って放置ですか・・・そうですか。
その間にも感染していないと言う確証は無いわけで。
11日以前にも、不正アクセスを受けている可能性が無きにしも非ず。
11日に発覚した時点でサイトを閉じるなどの処置は出来なかったのかな・・・


価格.com 曰く、NOD32 での検出は出来るとのことだが、NOD32 の体験版があるサーバが大混雑状態。
ここ1週間ほど価格.comにはアクセスはしていなかったのですが、念のためにスキャンかけようかな。
・・・・と思ったが、16日5時現在、体験版盤のダウンロードすら出来ない。

それじゃぁ、日本がダメなら本家本元から落とせば良いじゃんと言うことで、本家にゴー。

Ontinet.com, S.L.

ここからでしたら、すばやくダウンロードできますよー。
日本語版はありませんが。
もちろん、今回感染の疑いがあると言う「trojandownloader.small.AAO」「PSW.Delf.FZ」2種のウィルスに関しては定義ファイルで対応していますのでご心配なく。
ちなみに、自分のPCには感染はしてないみたいです。


しかしながら、うーむ・・・
いつこんな脅威が訪れると言うわけでもないですし、ちょっと考え方改めるべきですかね。
FWはルータがあるから大丈夫だとしても、アンチウィルスソフトぐらいはやっぱり買っておくべき?
感染してからだと遅いですし。
NOD32 はマニアックなソフトだけど動作が軽いとのことですが、実際のところどうなんでしょう?
他のソフトとかレビュー記事参考にして調べて、何かしらのアンチウィルスソフトでも購入検討してみるかな。
購入は先送りだけど・・・( ; ´Д`)

それじゃなくても、違うものAmazon さんで注文しちゃったし・・・(謎


価格.com のサイトにアクセスしても安全とは言い切れないので、追記に転載。

Powered by Movable Type 4.22-ja

インフォメーション